クレジットカード現金化でお金を調達できるとして、あらかじめ用意された商品やAmazonギフト券Eメールタイプを、ショッピング枠で購入させて業者が買い取る仕組みが存在しています。

ほかにも、この買取型とは異なり、キャッシュバッグの特典がついている商品を購入させること・あるいは商品を買ったことにしたという「暗黙の了解」で現金を振込という手口も。

しかし、このような専門業者が存在するとはいえ、すべてのカード会社と名義人の間で取り交わされる契約違反となり、これを許すカード会社は今も昔も存在しない。

利用者自身も、単純にお金が手に入るだけでなく、予期せぬトラブルに発展しまう可能性について言及する業者はありません。

そこで、クレジットカード現金化を利用することの危険性を呼びかけるとともに、誇大広告をしている業者・悪意ある情報を流す比較サイトの観察を目的としています。

なぜクレジットカード現金化よりもカードローンをオススメするのか

クレジットカード決済
クレジットカード現金化業者は、お金を貸してくれるところではありません。

では、どのようにして利用者へお金を届ける仕組みになっているのかご存知ですか?

クレジットカード現金化業者は、以下の方法を用いています。

  • 商品販売型-キャッシュバック
  • アクセサリー・パワーストーンと呼ばれる天然石などを商品とし、これらを購入した特典としてキャッシュバックされる。

  • 商品販売型-キャンセル
  • 主にダウンロード商材、風景画・フリー素材を商品とし、ネットからダウンロードして購入する。
    購入後にキャンセルを申請し、キャンセル料金として購入額に応じたパーセンテージが返金され、カード決済はそのまま。
    ダウンロードした商品は、削除・返品する必要が無いところがほとんど。

  • 商品買取型-古物商
  • 申し込み時に、ブランド品の公式サイトにて商品を購入、業者が指定する住所を送り先とし、到着後に買取代金が振り込まれる。
    ほかにも、情報商材とするCD-ROMを購入、自宅に届いた商品を業者が指定する住所に送り返し、到着後に買取代金が振り込まれる業者もある。

  • 商品買取型-Amazonギフト券Eメールタイプ
  • Amazonギフト券の種類は複数あるものの、Eメールで取引ができるEメールタイプに限定して売買をする業態。
    古物商営業許可を取得していない業者が多く、法律うんぬんではなく、そもそもAmazon公式が転売に用いることを禁じている。

どこのクレジットカード現金化業者も、「なにかの商品を媒介させている」と共通していることにお気づきでしょうか。

「業者でカード決済をしてショッピング枠分が銀行口座に振り込まれる」

これはかなり省かれた表現。

10万円をカード決済して、業者から10万円振り込まれることはありません。

この場合、100%の還元率・換金率となります。

現金化業者は営利目的で運営しており、このような業態ですから真っ当な還元率・換金率なんてありません。

現金化業者の還元率・換金率

すべての現金化業者で掲載されている数値は、完全なる嘘です。

90%以上の数値を掲載していますが、「実際に取引される数値を掲載してしまえば、誰も利用したいと思うはずが無い」とわかっているからです。

具体的な手順は現金化業者のホームページで掲載していますが、どこも似たり寄ったりな表現にとどめていますが、商品の扱いや提携している決済会社が違うなど、企業秘密的な部分が包み隠されているのです。

現金化業者の相場は、60%~70%。

金額が大きくなると、75%~80%で対応してくれる様子がありますが、80%だったとしても20%は業者の粗利。

業者も決済代行会社や広告料、人件費、これらを払った上で資本金を積み立てていくわけです。

現金化業者への支払い方法

クレジットカードを用いるので、直接現金化業者に支払うのではなく、普段の使い方と同様にカード会社へ支払いを行います。

先ほど、パーセンテージの差額を思い出してください。

お金が無いから現金化業者を利用したのに、カード会社への支払いが一括払いで終わるはずがないですよね。

そこで、利用した人の多くはリボ払いに切り替えるよう、店員から説明されます。

ここで注意していただきたいこととして、多くの現金化業者では分割払いができません。

業者での決済時、一括払いで扱われ、利用者が自分で支払い方法を変更することになるのですが、分割払いの対応をカード会社からは断られます。

つまり、リボ払いで支払うハメになります。

現金化業者とリボ払い

なぜ分割払いができないのか?

これは多くの現金化業者で、海外経由の決済代行会社を用いるためです。

決済代行会社にも、拠点を国内・海外に分けられてサービスを提供している会社があり、とくに風俗・キャバクラ・エステなど、国内の決済代行会社では審査が通りにくい業種・サービスに対して海外のラインが使われています。

カード会社は、どこのお店でどんなサービスを受けたのか・どんな商品を購入したのか事細かく把握することはできませんが、総じてトラブルの多い海外決済への予防策として、支払い方法を限定しているのです。

現金化業者はもちろん、カード会社に対して文句を言ってゴネても、これを変えることは不可能。

悪徳な現金化業者に至っては、こうした事実について説明しないまま取引を進められてしまい、利用後に支払い方法で困る方も珍しくはありません。

現金化業者の差額+カード会社への金利手数料=カードローン以上の暴利

計算してご紹介するまでもないのですが…。

現金化業者を利用時における、決済金額と振込金額の差額を年利換算すれば、利息制限法で定められた金利を超えます。

その上で、カード会社に対して支払う金利手数料も支払わなければなりません。

すでに収入と支出のバランスが悪くて現金化業者を利用しているわけです。

還元率・換金が100%を下回るお金は、何かの支払いに充てるためですから、決済金額以上の想像を上回る負担がのしかかります。

カードローンなら法令で定められた金利内で借金ができる

利息制限法で定められた金利と、出資法の要件で営業が許可された貸金業者(カード会社・消費者金融・銀行含む)を利用するという、極めてまっとうな資金調達が一番健全で安心です。

クレジットカード現金化を利用してしまえば、2回3回と、上限金額いっぱいになるまで業者に申し込みする未来が待ち受けています。

カード会社への支払いが滞れば、信用情報機関に傷がつき、現金化業者がダメになってからカードローンに申し込みをしても、審査の段階で蹴り落とされる可能性が高くなります。

こうなってしまうと身内や会社、知人等から借金を考えたり、あなたは犯罪に走ってしまうかもしれません。

借金を積極的にオススメしているわけではありません。

ただ、クレジットカード現金化を利用しても、いいことが無い・利用するならカードローンに留めてほしいと願っています。

行政・関係団体などによる、クレジットカード現金化情報

国民生活センター

2010年公表
「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!

2010年公表
「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!第2弾

2011年公表
「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!第3弾

消費者庁

2010年公表
「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンの実施について

一般社団法人日本クレジット協会

通年
クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いに注意

業者

業者による注意喚起等の情報はありません。
近年はSEOのために、コラムを掲載する業者が増えていますが、目立たないところにリンクを設置しています。

比較サイト

情報量が豊富
クレジットカード現金化の優良店比較DX

弁護士

泉総合法律事務所
クレジットカードのショッピング枠の現金化の違法性について

司法書士

松谷司法書士事務所
クレジットカード現金化にご注意

その他

債務整理ナビ.link
クレジットカードのショッピング枠を現金化はダメゼッタイ!

ロケットニュース
【実録】「クレジットカード現金化」の看板に釣られ店内に入ったらこうなった